ペットホテルの運営で一番難しいのは衛生管理です。
その理由は人の手によってのみ、衛生は保たれるから。
こんなことは当たり前の事ですが、ペットホテルではその当たり前を継続することは至難の技です。

人間のホテルとは比べられないほど大変

サボろうと思えばサボれるのが掃除。
自宅でも職場でも少し掃除をサボればアッと言う間に汚くなる。
それが人間ではなく、わんちゃんであれば尚更のこと。
ペットホテルに宿泊しているわんちゃんは、起きている間はウンチやらオシッコやら次々とします。
全てのわんちゃんがトイレシートで排泄してくれるわけでもありません。
これをほんの数分放っておくだけで悪臭地獄となるのです。
人間のホテルならこんな事はあり得ません。
しかし、ペットホテルで日常茶飯事。
ペットホテルはホテルという名が付いていますが、衛生管理に費やす労力は全く別モノで次元の違うサービスなのです。

当店で行なっている当たり前のこと

人の手とはわかりやすく表現すると「見回り」ということになります。
見回りとは現在わんちゃんがペットホテル内でどのような環境をいるのかをチェックすること。
チェックして異変があればその都度対応します。

重要なのは絶え間なく見回ること

そんなこと「業務としてルーティーンにすれば大丈夫でしょう?」と思うかもしれませんが、ペットホテルやトリミングサロンは、日によってスタッフのミッションが大きく変わります。
ペット業界の仕事環境は決まった時間毎にチェックできるような甘い仕事環境ではないのです。
ですから、どのような状態でも常にお部屋をチェックすることを身体に染み込ませる必要があります。
当店に入社したスタッフは、如何なる状況でも見回りができるようを身体に染み込ませるまでトレーニングを行います。
新卒も経験豊富なトリマーも関係ありません。
それが習慣となるまで行います。
アナログで前時代的なスタッフ研修方法ですが、ペットホテルのような生き物を相手にする仕事ではとても有効的です。
ペットホテルの衛生管理は高度な換気システムや消毒・消臭スプレーの質ではなく、人の手によってはじめて成立するのです。

感染症は外からやってくる

ペットホテルの衛生管理は、ペットホテル内だけでは不十分です。
特に感染症はペットホテル外からやってきます。
感染症対策はとても重要で万が一ペットホテル内で広まったら大変なことになります。
ですから、当店ではワクチン接種に関して厳しくチェックしています。
スタッフの知人だから・・、社長の友人だから・・、芸能人のわんちゃんだから・・といった理由でワクチン証明書の提出をパスすることはありません。
ワクチン接種をしてないわんちゃんは決して当店を利用することはできません。
お客様が誰であれろうと例外はないのです。

財布は痛いけど安全を優先

店舗には色々なメーカーが営業にきます。
シャンプーからわんちゃん写真撮影サービス、わんちゃんと行くバスツアーまで盛りだくさん。
その中でも消毒や消臭についての商品は魅力的なものがいくつかあります。
特にその効果よりも値段がとても魅力的。
ペットホテルではこういった消費財のコストは経営を苦しめるからです。
しかし当店は、そういった営業にのることはなく安全性の高い商品を使用しています。
安全性が高ければそれだけ、値段も高い。
安全性の低くければ、値段は安いし消毒や消臭の効果が高い。
消毒の効果が高ければスタッフは作業がラクになるため、消費財コストだけではなく人件費を抑制できます。
しかし、それはわんちゃんを苦しめる原因となります。
ですから、消臭剤や消毒はお店の財布には痛いですが、安全性の高い商品だけを使用しています。
当店では、お客様から見えないところに手間とお金をかけるのはプロとしての誇りだと考えております。